Search Results: tag:notation

18 件ヒットしました。 1 - 10 番目を表示しています。

kramdown markdown notation kramdown の拡張でタグの属性を指定する

kramdown の拡張で、 ブロック要素の後に「{: }」を使って属性を指定することができる。

## 見出し
{: #id_string .class_name title="TITLE" }

この場合、id に「id_string」、class に「class_name」、title に「TITLE」が設定される。

markdown notation リスト(順序なし、順序あり)を記述する

順序をつけないリストは「*」「+」「-」で項目を記述する。

* 項目1
* 項目2
* 項目3

+ 項目1
+ 項目2

- 項目1
- 項目2

順序つきのリストは「数字+コンマ」で項目を記述する。

1. 項目1
2. 項目2
3. 項目3

markdown notation リンクと画像を記述する

URL にそのページへのリンクを張るには「<」と「>」で囲う。

<http://example.com/>

次のように

[text](http://example.com/ "title")
[text](http://example.com/)

すると text という文字にリンクを張ることができる。 title は省略可能。

また、reference-style link という方法もある。 リンクの代わりに ID を「[」と「]」でつなげて、 対応する URL を別のところに記述することもできる。

[reference-style][id1]

として文中のどこかに対応する ID のリンクを書く。 たとえば、

[id1]: http://example.com/
[id2]: http://example.com/  "title"

のようにする。title は省略できる。

画像を貼るには行頭に「!」を書き、リンクと同じような記法を使う。

![Alt text](/path/to/img.jpg)
![Alt text](/path/to/img.jpg "Optional title")

画像もリンクと同じように reference-style が使える。

![Alt text][img]

[img]: url/to/image  "title"

markdown notation 段落、改行、見出し、引用、罫線を記述する

段落の変更は空行を入れる。 改行(<br>に相当)は行末に空白を2つ以上入れる。

段落1
あいうえお
かきくけこ

段落2  
この行の前で改行
さしすせそ

見出しは「#」を行頭につける。

# 見出し h1
## 見出し h2
### 見出し h3
#### 見出し h4
##### 見出し h5
###### 見出し h6

<h>1 と <h2> に相当する見出しは次の行に「=」「-」を適当な数書く。

見出し h1
===========
見出し h2
-----------

引用は行頭に「>」を書く。

> 引用
> たちつてと
> なにぬねの

「*」「-」「_」を3つ以上記入すると罫線になる。

***
---
___

markdown notation markdown で意味をもつ文字をエスケープする

markdown で意味をもつ文字をエスケープするには、 その文字の前にバックスラッシュ「\」を書く。 次の文字をエスケープすることができる。

  • 「\」バックスラッシュ
  • 「`」バッククォート
  • 「*」
  • 「_」
  • 「{」と「}」
  • 「[」と「]」
  • 「(」と「)」
  • 「#」
  • 「+」
  • 「-」
  • 「.」
  • 「!」

markdown notation ソースコードを記述する

行頭に「空白4つ」または「タブ1つ」を書くとコードブロックになる。

    code start
     ...
    code end

文中のコードはバッククォート「`」で囲う。

あいうえお `文中のコード` かきくけこ

markdown notation 文字を強調する

文字を強調するには「*」または「_」で囲う。

*emに対応*
_emに対応_
**strongに対応**
__strongに対応__

「*」や「_」をそのまま入力したいときは「\」をつける。

\* アスタリスクをそのまま表示
\_ アンダーバーをそのまま表示

git notation 文字列にマッチするコミットメッセージを持つリビジョンを指定する

:/text

とすると text にマッチする最も若いリビジョンを指す。 あるリビジョンからたどってマッチさせたい場合は、キャレットとブレースを使って

HEAD~9^{/text}

とする。

HEAD などと同じように

git show :/text
git show HEAD~9^{/text}

として使える。

git notation symbolic ref name でリビジョンを指定する

<name> がどのリビジョンを指すのかは

  • $GIT_DIR/<name> (HEAD、FETCH_HEAD、ORIG_HEAD、MERGE_HEAD、CHERRY_PICK_HEAD)
  • refs/<name>
  • refs/tags/<name>
  • refs/heads/<name>
  • refs/remotes/<name>
  • refs/remotes/<name>/HEAD

の順に探して最初にマッチしたリビジョンになる。

HEAD は現在のワークツリーの元になったリビジョン、 FETCH_HEAD はリモートリポジトリから取得した最後のリビジョンを指す。 ORIG_HEAD には HEAD が急激に変化したときに以前の HEADが保存され、 MERGE_HEAD と CHERRY_PICK_HEAD にはマージしているリビジョンや cherry-pick しているリビジョンが保存される。

refs/* にマッチするリビジョンは $GIT_DIR/refs の中のディレクトリか $GIT_DIR/packed-refs ファイルの中に 保存されている。

git notation キャレットとチルダで親コミットを指定する

キャレット「^」とチルダ「~」を使って親のコミットを指定できる。

HEAD^

は HEAD の1つ目の親を示す。

HEAD^^

とすれば親の親となる。注意が必要なのは

HEAD^2

という指定は「HEAD^^」と異なり、2番目の親を表す。 状況としては merge されて作られたコミットに対しては 親が 2 つ以上あることになり、それらの親を区別するときに使用する。

親をさかのっていくためにはキャレットを複数つければ良いのだが、

HEAD^^^^^

と書くのは大変。こういうときにはチルダを使う。

HEAD~5

とすればよい。「~5」は5世代前のコミットという意味。