Search Results: tag:git-merge

7 件ヒットしました。

git git-merge マージしたときに必ずコミットする

標準では fast-forward merge がうまくいく場合に マージコミットをしないことになっている。 「--no-ff」オプションをつけると必ずマージコミットを行う。

git merge --no-ff other-branch

git git-merge マージのコミットを実行しない(マージのコミットメッセージを自分で設定する)

マージしたときに「Merge branch 'other-branch'」 というようなコミットが実行される (標準では、fast-forward merge がうまくいく場合はコミットされない。 たとえば、マージ元が現在のブランチの先頭から派生した場合)。

マージだけして、このコミットを抑制するには 「--no-commit」オプションを使う。

git merge --no-commit other-branch

マージはワークツリーとインデックスに対して行われるが、コミットは行われない。 この後に、必要ならば修正をして「git commit」を実行する。

git git-merge マージでコンフリクトしたときにマージを中止して元の状態に戻す

マージでコンフリクトしたときに、いったんマージを中止して元に戻したいことがある。 そのようなときは

git merge --abort

とする。

git git-merge 他のブランチの変更をまとめてひとつのコミットとしてマージする

「--squash」オプションをつけてマージすると 変更をまとめてひとつのコミットにすることができる。

git merge --squash other-branch

とすると other-branch がインデックスにマージされる。 後は必要な変更を施して

git commit

を実行する。

git git-merge マージコミットのコミットメッセージを指定する

マージコミットのメッセージを指定するには「-m」オプションをつけて

git merge -m "message" other-branch

とする。

git git-merge 他のブランチをマージしてコミットする

ブランチ other-branch をマージするには

git merge other-branch

とする。

git git-merge マージできない

はじめ、次のようにマージできなくてはまった。

error: Entry 'file1' not uptodate. Cannot merge.

これは、現在の状態をコミットしていないためだった。 マージするためには、コミットするか、 git stash で一時的に変更を保存しておく。