Search Results: tag:git-log

12 件ヒットしました。 1 - 10 番目を表示しています。

git git-log 二つのコミット間の差のコミットログを表示する

ブランチ master と customize の片方にしかないコミットログを 表示するには

git log master...customize

とする。コミットがどちらのものなのかを表示するには 「--left-right」オプションをつける。

git log --left-right master...customize

ハッシュ値のところに「>」と「<」で表示される。

git git-log いろんなフォーマットのコミットログを表示する

git log --pretty=short
git log --abbrev-commit
git log --oneline
git log --relative-date
git log --graph
git log --pretty=full
git log --pretty=fuller

それぞれ

  • コミット、著者、タイトルを表示する
  • コミット名を短縮形にする
  • 一行で表示する
  • 相対的な日時で表示する
  • コミット履歴のグラフで表示する
  • 著者に加えてコミッタを表示する
  • 著者、コミッタ、AuthorDate、CommitDate を表示する

git git-log コミットメッセージのログの表示順序を変更する

git log は標準では reverse chronological order で 指定できるログの順序としては、 topological order と date order がある。 これらの順序を使うにはそれぞれ「--topo-order」「--date-order」オプションをつける。

git log --topo-order
git log --date-order

また、「--reverse」オプションで逆順にすることができる。

git log --reverse

git git-log コミットログとファイルの変更の状態を表示する

git log --stat

とすると diffstat が表示される。また、

git log --name-status

とすると変更されたファイルの名前とステータスが表示される。

git git-log 著者、コミッタを正規表現で検索してログを表示する

正規表現 regexp を使って

git log --author=regexp
git log --committer=regexp

とする。大文字、小文字を区別しないで検索するには「-i」をつける。

git git-log 指定した時間に当てはまるログを表示する

指定した時間以降のログを表示するには「--since」または「--after」を使う。 また、指定した時間以前のログを表示するには「--until」または「--before」を使う。

git log --since=2011-2-6
git log --until=2011-2-6
git log --until=2011-2-6 --since=2011-2-4

git git-log コミットログを表示する

git log

とするとページャが起動して(設定による) コミットログが表示される。

git git-log パッチ形式のコミットログを表示する

コミットログと変更点のパッチ形式を表示するには「-p」オプションを使う。

git log -p

git git-log コミットログを指定した数だけ表示する

たとえば、最近のコミットログを 5 つだけ表示するには「-<num>」か「-n」オプションを使って

git log -5
git log -n 5

とする。

git git-log 特定の範囲のコミットログを表示する

「<since>..<until>」で指定する。 たとえば、

git log 2b8db..c39be

のように指定する。