Search Results: tag:git-commit

7 件ヒットしました。

git git-commit git commit --amend で修正するときに author timestamp を更新する

コミットを作成した author のタイムスタンプ(git log とすると表示される)と コミットしたときの committer のタイムスタンプがある。

git commit --amend

とすると author のタイムスタンプはそのままで、 committer のタイムスタンプがコマンドを実行したときの時刻になる。

author のタイムスタンプを committer のタイムスタンプに合わせる(更新する)には --reset-author オプションをつける。

git commit --amend

git git-commit インデックスをコミットする

git commit

とすると、コミットメッセージを入力するためにエディタが起動する。 メッセージを保存して終了するとコミットされる。 また、コミットメッセージを指定してコミットするには「-m」オプションを使って

git commit -m "commit message"

とする。

git git-commit 更新したファイルをインデックス加え、コミットする

ファイルの更新やファイルの削除をインデックスに加えて、コミットする。

git commit -a

git git-commit 直前のコミットを取り消してコミットする

ログの記述を間違ったときなど、直前のコミットを取り消してコミットし直すには

git commit --amend

とする。

git git-commit 変更点を表示しながらコミットメッセージを編集してコミットする

「-v」をつける。

git commit -v

git git-commit 特定のファイルの変更をコミットする

インデックスではなく、あるファイルの変更をコミットするにはパスを指定する。 file.txt の変更をコミットするには

git commit file.txt

とする。

git git-commit コミットメッセージを再利用する

あるコミットのコミットメッセージを再利用してコミットするには

git commit -C some-commit

とする。あるコミットメッセージを元にして編集するには

git commit -c some-commit

とする。

reset した後に前のコミットのメッセージを再利用したい場合は コミットに ORIG_HEAD を指定すると良い。

git commit -C ORIG_HEAD
git commit -c ORIG_HEAD