cmdnote notation フォーマット済み (ソースコード)のテキストを扱う

フォーマット済みの文章は行頭に空白を一つ入れます。 フォーマット済みの文書は google-code-prettify で色付けされます。 色付けを禁止したい場合は、次で説明する方法でコードの拡張子を txt にしてください。

google-code-prettify は何のコードなのかを自動で判別しますが、 短いサンプルの場合などはうまく動きません。 そのようなときは、フォーマット済みの文章の直前の行頭に { code:css } のように 拡張子を「{ code:*** }」で与えてください。

対応している拡張子は txt, bsh, c, cc, cpp, cs, csh, cyc, cv, htm, html, java, js, m, mxml, perl, pl, pm, py, rb, sh, xhtml, xml, xsl, appolo, asc, aea, clj, css, go, cl, el, lisp, lsp, scm, lua, fs, ml, n, nemerle, proto, scala, sql, latex, tex, vb, vbs, vhdl, vhd, wiki.meta, xq, xquery, yml, yaml です。

作成 2012-02-11 09:14:22 UTC / 更新 2012-02-11 09:14:22 UTC / cmdnote

この項目を登録しているノート